銀行を上手に使えるようになる豆知識

銀行と信用金庫の違いは?
銀行には、大手銀行いわゆるメガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合などさまざまな業態があります。
基本的にどの金融機関も銀行業を営んでいるので、基本的な業務は変わらないのですが、ちょっとした面で違いがあります。
今回は、銀行と信用金庫の違いについて、説明したいと思います。

一つ目の違いは、組織形態です。
銀行は株式会社なのに比べて信金は、共同組織といいます。
株式会社は営利追求型なのに対して共同組織は、相互扶助の精神で一定の利益を追求して顧客と共存共栄することを目的としています。

2つ目の違いは顧客です。
個人客は、どちらも同じ顧客を相手にしますが、法人顧客には、違いがあります。
信金は大企業と取引が出来ないのです。
そもそも信金は、中小企業の発展のために作られた経緯があるので、大企業とは、取引出来ないことになっています。

ちなみに取引といっても口座を作ることは、出来ます。
出来ないのは、融資の取引です。

次に違うのが営業エリアです。
信金は、営業エリアが信用金庫法で限られています。
これも地元の中小企業のための金融機関という存在意義から決められていることです。
地元で集めた預金を地元の中小企業や個人に借りてもらうという精神で運営しているのです。

最近は都心部だけでなく、脱毛 福岡のように地方に繰り出す企業が
多いですが、 地元密着型で還元できるというのはいいですね。


HOME メガバンクってなに?NEW 銀行の講座はいくつ開設しておくべき?NEW
銀行員の給料はいい?NEW 銀行がやたら勧めてくるNISAって?NEW
Copyrights (C)銀行を上手に使えるようになる豆知識.All Rights Reserved.